タクカマ日記

オタクになりきれないオカマの日記。
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ↑書く励みになりますので一日一回♪クリックよろしくお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は17時には家に帰って

ひと眠りして

韓国映画

僕らの青春白書

を見たよ

泣けたね

いい映画だったよ

日本人も韓国人も

何人だろうが

別に何か変わることはない

簡単な言葉で書くと

日本人も韓国人も同じ人間だ

ということだと思うよ

貧乏人は貧乏人だし金持ちは金持ちだし

青春は青春だし

いい奴はいい奴だし嫌な奴は嫌な奴だし

子を思う親の気持ちも親を思う子の気持ちも

好きな子に対する愛情も

何もかも

日本人も韓国人も変わらないんだ

最後のシーンがすごく好きだ

物語の舞台がもともと80年代の韓国

なんだけれど

この映画の終わり方も

80年代映画の終わり方そのもので

すごく好印象だった

ベタで見飽きたような

終わり方だったんだけれど

すごく素敵だった

まるでその時代の映画を見ているかのような気持ちになれた

これは

多分特筆すべきことだと思う

多分作った人も気を使ったんじゃないのかな

とか思った

主人公のイジョンソク君もすごくよかったよ

パクシネ、イケメンですねの女の子と恋仲?とかネットに出ていたけれど

いいなぁ

なんかさ

いそうでいないというか

なんかいそうな気がする

そんな親しみのある愛嬌のあるイケメンなのかな、とか思った

映画って

ほんとにいいものですね

つくづくそう思いました

ってことで今日はもう〆ます

あっ

そうだ

ヒトカラ

ってごぞんじですか?

一人でカラオケ屋さんで歌うことらしいのだけれど

僕は一度もしたことがない

自分は家でYOUTUBEでカラオケ練習するから

お金払ってカラオケの練習するのに抵抗ある

っていうか

一度ヒトカラやってみようかなぁ

なんか楽しそう

そもそもカラオケの練習をするために一人でカラオケに行くわけではないようで

一人で歌うことそのものに意味がある、ということだから

それはそれで

一度経験してみるのも悪くないかな

はまったりしてね♪

↑この可能性大

ってことでまた更新します

ではではー!



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokkon3.blog107.fc2.com/tb.php/2113-bf278468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。