タクカマ日記

オタクになりきれないオカマの日記。
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ↑書く励みになりますので一日一回♪クリックよろしくお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスを祝って

その翌週には明治神宮に初もうでする

この宗教に寛容なのか、何も考えていないのかはわからないけれど

日本人独特の宗教観は

これはあくまで僕の感覚なのだけれど

日本書紀によると

この前書いたアマテラスとスサノオのお父さん

イザナギ



混沌をマゼマゼして日本国を創造した

というお話に起因するのではないのかなと思う

つまり

神様が国を作った・・・

という発想は

ヨーロッパ人やアメリカ人は持っていなく

自分が知る例外があるとすれば

ギリシア神話かな

ゼウスがどうのこうのっていうのは

すごく日本書紀に似ていて

ギリシアと日本は、その感覚では似ている国と言えるのかもしれません

はい、書きっぱなし!ジャンヌダルクの話と絡めて書こうと思ったんだけれど

とりあえずここまで書いておきます


今日メンフィスベルがBS日テレでやっていたよ

永遠のゼロは

絶対素晴らしい映画だとあくまで僕は思うのだけれど

メンフィスベルを見ると

何も別に日本人だけが

戦争で、空で、尊い若い命を落としたわけではないということだと思うよ

それは簡単に書くと

何人だろうがどこの国の人であろうが

戦争はいけないこと、最終的に誰も得をしない

ということだと思う

ただ面白いことに気づいたのだが

永遠のゼロとメンフィスベルの大きな違い

それは

メンフィスベルは

紆余曲折の末無事帰還しめでたしめでたし



永遠のゼロは

紆余曲折の末はかない命がなくなっていった・・・

ということだと思う

アメリカは戦勝国であり、日本は敗戦国

ということだ

これは

変わることのない歴史であって

そういう目で

冷静にアメリカという国と

日本は対峙していかなければいけない

ということだと

あくまで僕は感じています

中国や韓国がどうのこうのって日本が混乱するのを見て喜ぶのは

アメリカだということだよ

誰も得もしない文章を書いてみました♪

この話はここまで


土曜日は

蒲田に飲みに行ったよ

東口のGANJINでは

別のお客さんが持ってきてくださった

ソーセージを

雄輝が焼いてくれて

加えて

その方がワインを入れてくださって

そのおこぼれにあずかった

最近ワインを入れる側の人間だったのだが

土曜日はそうではなかったのが

それはそれで

すごく楽しくて美味しくて

素敵な時間をおくることができた

とにもかくにも

自分が想像するような打算なんて

自分がおしはかれない

うれしい現実にぶち当たってしまえば

クソみたいなものだ

ということだと思うよ

楽しい時間を過ごした、ということです

その後

西口の

Kabuto



テクテク歩いたのだが

酔っていたのか

道に迷って

311号線に

つまり蒲田駅と逆の方向に雨の中歩いてしまって

あれここはどこだと

アイフォンの地図を見直して

倍の時間かかって

Kabutoに着きました

お気に入りの店子が

たくさん相手をしてくれて

楽しかった

自分よりも体重があるブスな店子がかいがいしくもなく当然のようにたいした対応もしない

アホみたいな店に比べれば

蒲田のKabuto

の店子は

素晴らしい



飲みに行くたびに思うよ

加えて

昨日は

中島みゆきさんの歌を

たくさん歌えて

すごく良かった

僕は

中島みゆきの曲は

基本

タイアップしている曲しか歌わない主義で

あまりコアな歌を歌うことが

なかったのだが

昨日は

初めてのみゆきさんの曲を歌う機会を得たりして

うん

すごく楽しかったな

ドラゲナイ歌ってる場合じゃない

っていうくらい

中島みゆきさんの歌を歌ったよ

7日にみゆきさんライブのチケット抽選予約の結果が出るので

またその時にでも

ブログ更新したいと思います

今日はこれで〆るね

ではではー!

追伸

嫉妬とかうらやましいとか

そういう感情は

もうどうにも抑えられないもので

たとえ自分がどんだけ不細工で年をとった存在であったとしても

絶対にその気持ちに折れるような行動はとれない

どんなにみじめでも

自分のプライドは

絶対に

自分でしか守れない

自分が貫き通すしかない

とか

思ったりしたかな

意味わからないね

ごめん

またね!

ではではー!












関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokkon3.blog107.fc2.com/tb.php/2109-1a060079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。