タクカマ日記

オタクになりきれないオカマの日記。
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ↑書く励みになりますので一日一回♪クリックよろしくお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEKAI NO OWARI



Dragon Night



今日から覚えてカラオケで歌えるようにします

誰も喜ばないし聞いてない宣言


つかこうへいの舞台を2月に見たのは書いたか

いつも心に太陽を

終わりに出演者たちみんなで

SEKAI NO OWARI



Dragon Night

を手話つきで歌っていて(手話の意味は歌詞ではなかったらしいぞ)

あぁ、いい曲だよなぁ

ってその時は誰のなんの曲かわからなかったけれど

反芻したら紅白で聞いた曲と記憶が繋がりあとは

今の時代の専門用語

ググって

調べたわけです

ちょっと前に流行った

ドラゲナイ

のことだな


この曲は

有線なのかな?

蒲田のゲイバーKabutoで

何度か聞いて

そのたびに

「いい曲だよね」

って自分は勝手に反応して

それでも

年も年なのでね、

まぁまぁいい曲でも

歌う、まではね、いかないよなぁとこれは自分の心のつぶやきね

ちなみに

蒲田のゲイバー

GANJINに昨日行って

有線かな?

かかっていた曲は

80年代ソングで

中島みゆきさんの

悪女がかかっていて

心地よかったな

有線って面白いよね(有線かどうかは確認してないんだけれどもそれを前提で)


職場に新しく入った同僚が

僕が全然違うことで有線の話を振ったら

「昔有線家に入れてたんすよ」

って話し始めて

あぁ、そういう世代ね、

やっぱり僕は貴方とは違う世代だよ一回り違うよっていうのも俺の心のつぶやきだ

閑暇休題


この曲はいい曲だ。

っていうかこういう曲が僕が好きな曲ってことか。

それで今歌詞を見たんだけれど

なんかまぁちょっと気になったので

書いてみたい

ってここまでが序章だったのだが

長い

しかし今日は書ききるぞ


人はそれぞれ「正義」があって、

争いあうのは仕方ないのかもしれない

だけど僕の嫌いな「彼」も彼なりの理由があるとおもうんだ

ドラゴンナイト

ドラゴンナイト

ドラゴンナイト

今宵、僕たちは友だちのように歌うだろう


このね

友だちのように歌うだろう

の”だろう

が気になるんだよな

さとり世代かゆとり世代かわからないけれど彼らが好みそうな

なんか

その上の歌詞も

やさしいイメージ。

彼なりの理由があると思うんだ

ってのが

素敵だと思うよ


あぁ

やっぱり

今の時代って

同意というか

共感というか

相手を認める

っていう感覚は

すごく大切っていうか

混沌な感じではあるんだけれど(歌声も)

んでも

なんか

僕はいいなと思った


つまり

白黒つけずに

相手を認めて

そのうえで

じゃあどうしようと

まぁ歌ったり踊ったり嫌いな相手とする

ということなんだけれども。

それなのにそのうえで、

最後の最後の歌詞で

踊るんだ



つまり

未然形と終止形の違いっていうのかな

僕は多分

この

だろう



いい言葉なのかな

って思う

セカオワは

歌の最後の最後で

終止形を使っているのが

素晴らしいというか

若い人たちに

共感できる

歌になってるのかな

って思うな


って

意味わかんね

書いてる自分がわかんないんだから

読んでる人がわかるわけないよな

まぁいいや

ここからね

中島みゆきを

話しにもってこようかとしたんだけど

もう

べろんべろんに酔っぱらってるので

やめた


今日は音楽評論家もどきで書いてみました

今月中に

ドラゲナイ

覚えます

まぁひとりごとのようなものです

また更新するね

ではではー!











関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokkon3.blog107.fc2.com/tb.php/2100-d82e6fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。