タクカマ日記

オタクになりきれないオカマの日記。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ↑書く励みになりますので一日一回♪クリックよろしくお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は

中国人とも韓国人ともエッチをしたことがあるけれど

別に何人だからどうってことはありません

いい子はいい子だし

タイプな人はタイプだしな

万国共通でウケはウケでタチはタチ

「あたし韓国人にはタチで中国人相手ではウケなのよ」

って聞いたことないしそれは変態か商売です多分

ちなみに香港人ともなぜかバンコクでエッチしたことあるな

ゴーゴーバーで意気投合してエッチするという・・・

まぁ世界的にモテキがあったということっすね

だからどうってことないんだけれども

まぁそれを前提に今日も一つ政治的な話を



日中韓

中国と韓国は

日本にとって

似て非なるもので

ここからは僕の妄想なんだけれども

いつの時代でも中国との関係は日本にとって重要項目であって

じゃあ韓国に対してはどうなのかと言ったら

もはや

日本人の方から

なにかアクションをするのはおかしいと思う

それは

価値がない

と言うことだと思う

ともかく

同じ土俵に立ったら負け

だと思う

言葉は悪いのだけれど

取るに足らない

相手だ

韓国は日本にとって

取るに足らない相手だと

あくまで僕は思ってる

それは中国と比較して

ということも含まれているのだけれども

そういう相手に対して

国交断絶だとか

ともかく日本国側から

韓国のおきまりの挑発に今さら乗ることは

一切ない

今「まさに今こそ」とか日本人が仮に言うとすると

それは日本国自体が右に傾いているということで

石田衣良が言っている「ゆるやかな右傾化」

の作用だと思うよ

僕は

中国が

反日政策を取るのは

しごくまっとうだと思う

つまりそれは

社会主義国家だから

国民を国家が思想統制して

政を推し進めるのが

社会主義国家なのだから

もちろんそれは日本にとってよいことではないし

それこそが社会主義国家の致命的なひずみではあるわけだから

(人民なんて統制しきれるものじゃない、ということ

それは中国の歴史を勉強すれば簡単にわかる)

そういう相手が反日政策をとっているのならば

もうわかりきっていることだから、そう考えてしまえば

これももはや

取るに足りないことなのです

しかし

韓国は

曲りなりとも民主主義国家なのであって

民主主義国家が

一つの国に対して

国策として

まぁいわゆる反日政策を取るのは

完全におかしい

それは民主主義国家のすることでは本来ないと僕は思う

わかりやすく書くと

反日に関しては野党も与党もない、ということだな

だから

韓国っていうのは

民主主義国家ではあるのかもしれないけれど

言葉をつけ足せば

未熟な

民主主義国家

社会主義国家に近い民主主義国家

なのではないだろうか

というのがあくまで僕の意見です

セウォル号の事件やナッツ事件なんかは

もうそのひずみそのものだと思う

官民の癒着、財閥の影響力、宗教がおかしく政治に影響している、等々・・・

成熟した民主主義国家になるためには

もはやよもや

反日政策反日教育をやめることこそが

その証になることだと思います

だからこれは

皮肉ではあるんだと思う

中島みゆきさんの空と君のあいだに、で

憎むことでいつまでも あいつにしばられないで

って歌詞があるけれど

その言葉通りなのかなと思ったりするよ

相手に対して怒りを覚えることは

愛情の裏返しであることがあるのは

みんな生きててそう思うことあるんじゃないかな


ただ民間人には

それほど↑で書いたことなんて重要ではなく

お互いに良く思える相手と

巡りあえることが大切なことで

もちろんエッチすることなんて↑ではあえて書いたけれど

本当に大事なのは

気持ちと気持ちが通じ合うことだと思う

あっ、大事とか書くと偉そうだから別の言葉で書くと

何人だろうと

お互いに好意を持てるような

僕はさ



インスタグラムで

そういう感覚的な交流をしてるの

インスタは画像一枚が勝負で

ああだこうだはなく

お互いの気持ちを

写真一枚で感じあえる

すごく面白い思いをしています

これはまた書くことにするね

ってことで時間がきてしまったのでまた更新します!

ではではー!











関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokkon3.blog107.fc2.com/tb.php/2096-4af0f61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。