タクカマ日記

オタクになりきれないオカマの日記。
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ↑書く励みになりますので一日一回♪クリックよろしくお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラマ

ウロボロス

一話見た感じだと

光石研が黒幕の手下的な存在で

話が進むと思う

生田斗真君+刑事

だと

ドラマ「魔王」かな・・・

ちなみに魔王は韓国から輸入されたお話で

なんか知らないけど

日本⇔韓国

はお互いにリメイクしあってるんだよね

僕は日本人だから、僕の感覚だと

日本のドラマを韓国がぱくってるって感覚あったんだけどね

それは違います

まぁそんなことよりも

生田斗真×小栗旬

と言えば

言わずと知れた

ドラマ

花ざかりの君たちへ イケメンパラダイス

ですよね

うん

色々なドラマを見ているけれど

このドラマは

ものすごいドラマ

ここまで将来有望な若手俳優を一挙に集めたドラマは

ない

ないって断言できます

ここは譲れない

僕がないって言ってるんだからない

という傲慢な言葉を言って

うん、お前がそういうならそうだな

って納得してくれるのは

親友ちゃんと師匠だけなのかもしれないけれども

花ざかりの君たちへ

僕の学生時代の一番の思い出って

これは花君をご覧になられた御仁にしかおわかりにならないことなのだけれども

僕って

木村了君みたいな感じだったんだよ

んで

好きな相手が

南波先輩

みたいな感じだった

ほんと

あのドラマを地でいくような感じで

僕はそれに驚いた

僕はただのホモなんだけれども

先輩は

よくできたノンケ

だったんだよな

やさしいノンケ

ホモを気づかってくれるノンケなんて

まぁ

もちろん

僕の役得ですよ

僕が魅力的じゃなきゃ

話しにならない

んでも

そんなこと書いても馬鹿らしい

先輩のやさしさって

うーん

ホモに対するノンケのやさしさって

やっぱり

現実的に実感できないと

多分信じられないものなのだと思う

僕は

体感しているから

それは本当に

有り難い事だと振り返るとつくづく思います

まぁ

死ぬほど辛かったのは

その先輩の結婚式だったかもしれない

はぁと。

話が完全にそれたので元に戻すけど

とにかく

花ざかりの君たちへ

は名作です

もう寝る

ではではー!








関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokkon3.blog107.fc2.com/tb.php/2055-340bcc55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。