タクカマ日記

オタクになりきれないオカマの日記。
2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ↑書く励みになりますので一日一回♪クリックよろしくお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月に楽しみにしていたのが

超特急のサイン会だったのに

入院した次の日だったので行けなかったんだ

レポート書こうと思って張り切っていたのにな

残念です

楽しみにしていた方がいらっしゃったら申し訳ありませんでした


一番のニュースになったのは

高倉健さんが亡くなったことかな

なんか

これはノンケの人はあまり知らないことなのかもしれないけれど

ゲイの間では

健さんの性癖というか

結構いろいろ噂されていたんだよね

もちろんそれが悪い噂ではなく

武勇伝的な扱いではあったのだけれども

僕個人としては

南極物語がものすごく思い出に残っててね

小学生の時の話か

映画館に見に行ったんです

大人気の映画だったよね

超満員で

階段に座って見たんだよなぁ

それが思い出

昔ってさ

映画館って満席でも中に入ってたよね

それで後ろで立ち見したり

子供は階段に地べたで座って見たりって結構あったんだよ

ドラえもん見に行くと

いつも超満員で

よくそんなことがありました

今の時代はチケット買う時に

あらかじめ席が決められてるじゃんね

満員になるとどうなるの?

そんなに映画館行かなくなっちゃって

しかも空いている映画を好んで見るようになったから

ちょっとわからないや

もっとも・・・

これもゲイ特有の経験なのかもしれないけれど

発展映画館

好き好んでスクリーンの一番後ろで立ち見してました

立ちんぼ、ですかね

壁の花か♪

まぁ

僕個人の経験で

他の御仁がされてらっしゃらないような経験と言えば

タイの発展映画館にも行ったことあるんです

サパンクワイの映画館

さすがに

暗がりに身をまかせるようなことはタイではできなかった

というかしなかったんだけれど

明るいところで

イケメンの子とくっちゃべって

そのままホテルにお持ち帰りしたり飯食いに行ったり

色々な思い出がありますね

タイに行ってまで何してるんだよ!って話しなんだけれど

そういうことがしたくて行ってるんだという・・・

節操のないオカマですなとことん(苦笑)

って健さんの話から大きく脱線してしまいました

なんか彼の映画って

ムショ帰り

の設定が多くて

出所後に健さんが飲むビールね

あれ見ると

あぁビールっておいしいものなんだよなぁ・・・

とか見るたんびに思ったりします

そういえば

追悼番組

NHKで

プロフェッショナル 仕事の流儀 高倉健インタビュースペシャル

の再放送していたのを見たんだけれど

これは必見かもしれません

まぁまた何度も再放送すると思われますので

まだご覧になられていない御仁にはお勧めしておきます

彼が通っていた床屋さんが印象的

この世の中にあんな空間があるなんて圧巻

自分には知らないことが多すぎると思える場面でした

うん

高倉健さんの話はこれくらいにしておきます

ご冥福をお祈りいたします(つきなみだなぁ)


もう一つ書こうかな

ゲイっぽい話

軍師官兵衛も佳境を迎えましたね

秀吉が死に家康と三成が対決!

ここまで

おおむね満足できる内容だったかなと

総括はまた来月に置いておくとして

最近

「武士道とエロス」

という本を購入し読んだんだけれども

まぁこの本についてももう一回別で書けるかなと思いますが

一つだけ

うーん

これは知ってる人も多いのかな?

黒田官兵衛の子

黒田長政も

ご多分にもれず?

非常に男色を好んだ武将として知られているんですよね

まぁ逆説的に

そういう行為をしていたという

文章が残ってしまっているので

よく知られていることなのかもしれません

これはゲイの欲目なんですが

女との付き合いの方が

なんていうか

ドライというか

武士の務めとしての結婚、というニュアンスを

大きく感じる武将だったりするんです

秀吉繁栄の時代には

彼の重臣蜂須賀正勝の娘を秀吉の養女として妻にめとりました

子供が女の子でしかも一人しかできなかったのは

ちょっと武士としては致命的だったりするかな

秀吉の死後

家康の繁栄に乗っかるように

前妻と離縁し

家康の養女となった栄姫と結婚してます

僕の目からは

素晴らしい「政略結婚」に映りますね

まぁこうやって一人の武将をひもとくのは面白いことです

さて

長政が大嫌いだった武将

それが石田三成なんですが

実は

三成も

男色をたしなんだ武将として記録に残されています

超かわいい小姓を従えていたという話のほかに

彼の場合は

大谷吉継とも

親友を通り越して

男同士の関係を結んでいたと噂されていたりします

すごく仲がよかったらしいですね



戦国武将はホモばっかりじゃん

というわけではないのでご安心を

例えば

物理的に

戦場には女を連れて行けないので

代わりに男とエッチするのが普通

みたいな考えもあったり

まぁ衆道というお話で

これはものすごくホモにとっては面白い話なのでね

さっき書いた武士道とエロスという本について

また今度書いてみたいと思います

ちょっと無駄に長くなっちゃったな

また更新しますね

今日はこれにて

ではではー!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokkon3.blog107.fc2.com/tb.php/2036-5f62afcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。