タクカマ日記

オタクになりきれないオカマの日記。
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ↑書く励みになりますので一日一回♪クリックよろしくお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も23時帰宅でした

奇跡的に

雨があがった時に帰れたよ!!!

その10分後にはまたザーザーだったから

うん

なかなか運がいいじゃないか

さて

今日はさっき「黒の女教師」の最終回を見ました

それについてちょこっと

はじめは痛快コメディタッチな

中身のたいしてないドラマと思っていたんだけれども

最終回を見ていたら

なかなか良くできているドラマだと思いかえしました

何がいいのか

それは教師、生徒

今の学校というものの矛盾をほこたてね

浮き彫りにできたからだと思います

お金を払って罰をくだすっていうのには

それほど意味はなく

どうにか悩んでいる生徒を助けるためにどうしたらいいのかを

製作者は考えていたんだと思う

そして南果歩ね

あの校長がホコタテの矛であり盾であって

一人でそれを演じた彼女は

相当な女優さんだと思います

そして

悩む生徒

悩む教師

はいったいどうしたらいいのか?

榮倉奈々ちゃんが答えを言っています

わかりません

これなんですよ

わからないんですよ

ゆとり教育は歓迎されてもうけられたもの

だのに数年後には

ゆとり教育のせいで云々

つまりゆとり教育と逆のことをしていこうと

今の教育というのはながれていっているような気がする

教師も

もちろん生徒も

どうしたらいいのかわからない

答えが見つからない

それをこの「黒の女教師」では結論づけたのではないだろうか

ただ

彼女は最後にこうも言っている

それでも教師はあきらめてはいけない

試行錯誤なんだよね

みつからない答えを

一生懸命

日々

探していく

それがあきらめないっていう言葉であって

教師はそれに注力していくべきなんだと

そんなことをこのドラマは教えてくれたんじゃあないかなと

それでもさ

これだけ深いっていうか難解な問題なわけでしょ教育って

それを思うと

やっぱり金八先生は

大きな理想と言ってもいいじゃないのかなと思う

名無しの芸能観察記の作者様がいつか呟いていたように

学校教師だけで解決できる問題ではなく

地域をまきこんだ

商店街が豊かな町が

そこの大人たちの力も必要なんだよねきっと

はい

以上僕の黒の教師を見て感じた教育論であります

千葉雄大君かわいい

↑結局ここに帰結します

あと山崎賢人君に西井幸人君に

そして

WIKIで知った

このドラマの要でもあった

松村北斗

kita20104011.gif

ジャニーズジュニアだとは思わなかったな

何かに属しているのかしら?

まぁ今から調べてみます

明日はお休みですが

やぶ医者のところ行って薬もらわなきゃならないし

旅行の買い物もあるし

ちょっと忙しいくなるかも

もう午前2時なので

寝ます

それでは

おやすみなさい♪
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokkon3.blog107.fc2.com/tb.php/1685-e65dabce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。