タクカマ日記

オタクになりきれないオカマの日記。
2015/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 ↑書く励みになりますので一日一回♪クリックよろしくお願いします
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辻本清美を国会中継に出す民主党はアホだと書いたけれど

百田尚樹に若手議員の勉強会に出てもらう自民党もアホだ

だからといって

共産党なんてもってのほかで

そもそも集団的自衛権に共産党が反対することこそ滑稽だ

なぜなら共産主義国家で軍を持っていない国なんてあるわけなくて

つまり共産主義国家を目指している政党だったら

軍を作る事なんて当たり前なんだから、集団的自衛権でどうのこうの言うのは筋違いだ

「私たちは集団的自衛権に反対します!けど後々政権を取ったあかつきには軍を当然持ちますよ」っておかしいだろ

原発だってそうだ

共産主義国家で原発に興味がない国なんてありえない(あるなら教えてくれ)

だから

そうじゃないのであれば

もはやよもや

共産党、という名前を変えるべきだ

だって共産党じゃないんだから

名前で票とって反対票で票を取るなんて本気でゲスの極みだ

って共産党に怒りをあらわにするなんて語るに落ちたな俺も・・・年とったのかなぁ・・・

政治家みんなアホばかりということか

ただ百田尚樹って嫌いになれない

なんと言っても探偵ナイトスクープの製作者だし

永遠のゼロの小説も感動したし

この前読んだ海賊と呼ばれた男も

なかなか面白かったしな

だから

素晴らしい作品を生み出す人が

人格者であるということは到底ないということだ

もっと言うと

得てして

変な人が素晴らしい作品を作る、ということなのかもしれない

まぁひとりごとのようなものです


インスタグラムをやっていて

その影響で一度中華街に一人で昼飯食いに行ったんだけれど

すごいなんか充実した感じだったのね

行った店は

ほんとに裏路地までは行かないんだけれど

中心部からは少し離れていて

正直書くと

昼時なのに客は僕一人だった

なんか

それで

この人は

こういう隠れた名店?

客引きと客とでごった返したメインの通りではなく

誰も客がいないのにとてもおいしいお店を紹介してるんだなぁって

肌で感じたわけだ

中華街って結構好きで人生で何十回か行ってるんだけれど

これからはちょくちょく足を運びたいと思った

基本中華料理好きなんだよねっていうか

普段ランチはラーメンか中華料理が多くてね

うーんこっからうんちく話すと長くなるからさらりと書くと

レバニラは中華料理じゃないな

もはや日本料理

あと

中華料理と中国料理は違うということ

それでそれで

これはもう二か月くらい前の話で

最近インスタグラムを見て

行ってみないなぁと思ったところがあったので

書いてみたい←ここメイン

渋谷にある

八月の鯨

というカクテルバー?

なんか映画のタイトルのカクテルを作ってくれるんだってさ

割と映画好きで少しは知ってるから

メニュー以外でもタイトルと言うと作ってくれるってネットに書いてあったから

頼んでみたいなぁ

イケメンバーテンダーだったら尚可

結局そこ

インスタグラムの話はまた今度したいな


最近

家酒が酷くて

朝二日酔いになるくらい飲んで

記憶がない事はないけれど

なんかそれに準ずるような

おかしな行動をとっていて

朝我に返ることが多くて

ちょっと危機感がある

なんだろうね

ストレスなのかなぁ・・・

はい

今日はこんな感じで〆ますね

また更新するね

ではではー!
スポンサーサイト
仕事でワンちゃんがいる家に行って。

割合気難しくて

配送屋さんとか郵便局さんが来ると吠えまくるんだけれど

僕によくなついてくれて

仕事の始まりと終わりに遊んでくれる

今日もよしよししていたら

そのワンちゃんが

勃起し始めた

あぁびっくりした

嫌だね、犬にもゲイだってばれたのかしらね

なんかおさまりがつかないようで

困ったのだが

もうどうにもしようがないので

ほっといて帰りましたとさ

犬にもててる場合じゃない

ってことで誰も待っていないブログ、始めましょうか


この前紹介したL♡DK

3回目見終わった

ほんといい映画だ

あぁ

だからといって

好きっていいなよ

が決して悪い映画では全然ない

アナ雪見るよりよっぽどいいしな

二つの映画の共通点は

女が割と強い?

女がしっかりしてる

ということだと思う

これはもう時代としかいいようがないと思う

ただ待ってるだけじゃない

っていう感じがするかな

まぁでも基本的に少女マンガって

女の子に勇気を与えるものだから

そういう要素は昔からあるとは思うのだけれど

それをしても

強いな、頑張ってるな

って感じがするなぁ

まぁでもこれはあくまで僕個人の印象なので

あてになりませんね、いつものことなんですがね♪

まぁベタではあるんだけれど

嫌なのは

福士蒼汰君が雑誌のモデルになる、云々っていうくだりで

それよりかは

山﨑賢人君の役柄の方が

ハングリーというか

だって

山﨑賢人君だって

ユーモデルになっちゃいなよ的な話になれば

余裕でそういう展開になってるはずだから

ベタではあるんだけれど

安易な展開でもあると思ってしまうのです

って意味わかるかな?わかんないか(笑)

あとは

女の恋敵の質と男の恋敵の質が

決定的に違くて

L♡DKの方に軍配があがる、あくまで僕にとっては

これはやっぱりいいのなかって思う

「俺がもらっちゃうぞ」

「勝手にすれば」

っていう展開ね

山﨑賢人君が嫉妬したり強がったりする姿は

見ていて楽しい

あぁ

でも

好きっていいなよは

オムニバス的な要素があって

まぁまぁ

アナルと雪の女王様見るよりかは

やっぱりいいと思います

なんか

好きっていいなよの方が

大人な感じっていうのかな

高校生がラブホテルに入ってエッチするとか

今の時代はそんなことってあるんですか

あるのかなぁ・・・

まぁいいや

今日はもう疲れた

ここで〆てしまいましょう

また更新します

ではではー










ラーメン天下一品を評して

片栗粉まぜてるみたいなスープ

麺もなんだか嫌



完全否定した子がいたが

そういうものなんだよ、ラーメンって

とてもゲイの趣味嗜好に似ていて

デブホソキョコンホウケイフケオケショタガイアナルヴァニラエトセトラエトセトラ

好みが細部に分かれる

自分の好みを追及することができる

ということでは

素晴らしい食べ物なのかもしれない

他人の評価なんて関係ない

あくまで自分さえよければそれでかまわない

ということだと思う

しかし

こと恋愛に関しては

それではたどり着くものもたどり着けないものなのになるのじゃないのかなと

今日見た映画が

そう自分に思わせてくれました


今日WOWOWで

L♡DK

がやっていたのだが

いやぁ

よかった

すごいよかった

今二回目見てるんだけれど

例えば

好きっていいなよ

に比べたら

天と地の差くらい

L♡DK

はよかったです

これはもうそうだな

君に届けの次が

僕らがいた

だとすれば

僕らがいたよりもひょっとしたらいいんじゃないかな

つまり

少女マンガ系の映画の中では

相当よかった

ということであります


先に極論を書いてしまえば

福士蒼汰君よりも

山﨑賢人君の方が

断然好きだ、ということだ

これは書くと語弊がきっとあると思うんだけれど

山﨑賢人君の方が

俳優としての寿命が絶対に長い

と思う

これはあくまで自分のつたない予想ですので

10年後に答えあわせをしてみたいと思いますね

絶対的な存在感

みたいな感じ


山﨑賢人君が出ている映画なりドラマなり色々見ているけれど

たぶん

この映画は今までの中では最高だと思うなぁ

だから

見れて良かった

あぁ良かった

ほんと有り難いWOWOWに入っててよかった

雨が降っていたけれどWOWOWが見れてよかったな


単純すぎるくらいの

ストーリーが

最高に素晴らしい

小難しいこととかいらなくて

ほんとベタな展開

わかりすぎるくらいのお話が

今の時代一番必要だと思うよ

アホみたいな髪型した主人公の女

恋愛がうまくいきそうになるとなぜかその髪を切る

あまりにもさばけた親友

親友が好きだった男を好きになってそれを告白しても

それを笑って許してくれる親友

馬鹿じゃないかと思うくらい嫌な恋敵の女

メンヘラ系で

ある理由でその女をほっとけない主人公男子

イケメン主人公の親友はちょっと抜けた男の子だけどイケメン

恋敵の男はイケメンの上にやさしくてしかも料理上手で物分りももちろんいい

主人公の兄もイケメン

エトセトラエトセトラ・・・


ゆとりとかさとりとか

そんなことにあぐらをかいて生きていると

今にとんでもない世の中になるんじゃないかと思う

年をとって我に返って

自分はなんとか自分の心の均衡を今保っているのだけれど

あまりにもろすぎる心の持ち主たちは

不意に何か予測不能なことに陥った時に

つまり人を好きになった時に

簡単に精神が破たんするんじゃないかなと

そんなことを心配しちゃったり・・・

壮大ですな

そこまで考えるくらい

なんかこの映画はよかった、ということです


横浜が舞台

というのも好印象

自分が行ったことのある場所が画面に出てくると

楽しいよ

特にこの映画では

坂が多くて

それは

横浜のもっとも横浜らしい

山手が舞台だったりしていて

横浜って素敵なところだなって思ったりしたよ

もっとも横浜らしい横浜っていうのは

横浜に40年住んでいる自分だから言えることだから

信じていいと思う


一番最初の話に戻るんだけれど

恋愛は

自分の都合というか

自分がこう思うからこうしなくちゃいけないこうするんだ

ということは

はたから見ると

全く間違っていて

つまり

「あんたの気持ちなんてどうでもいい」

「彼女の気持ちを考えろ」

ということだと思う

自分さえよければいい

ということでは成立しないのが

恋愛だということだと思うな

むしろ

相手の気持ちを考える、考えることができることが

恋愛の素晴らしいことなのかなと思う

簡単な言葉で書くと

一人では恋愛はできない

ということだと思う


山﨑賢人君の髪型がいい

襟元が長いのがかわいい

なんか少女マンガから出てきたような髪型なのかなと思う


書いているうちに

二回目見ちゃいました

これは何回見るかなぁ・・・

ということでね

最近恋愛してないなぁ

と思っていらっしゃる御仁がいらっしゃると思うのですが

是非是非

この映画を

ご覧になっていただきたいなぁ

もう一回

人を好きになりたいって

思えると思うよ

今年二番目に素晴らしい映画でした

長くなったな

今日はこれにて

また更新するね

ではではー!















そういえば

ゴールデンウィークにWOWOWで

アナと雪の女王がやっていた

淀川長治先生の言葉を借りれば

時間の無駄だよ

って感じでした、あくまで僕の感覚ね

ちなみに自分が一番好きなゲイの有名人は淀川長治先生です

ものすごい注目されていたのに今まで

見ていなかったので見たんだけれども

・・・

あまりのつまらなさに驚いた

なんでこんなアホみたいな映画がもてはやされるのか

ほんと不思議なんだけれども

まぁ批判するだけならそれこそアホでもできるので

自分はなぜ流行ったのかを考えてみた

もちろんこれは僕のいつもの曲解なんで

冷たい目であきれながら読んでちょ

日本古来の物語と

アナと雪の女王に共通点があるから

だと僕は思う

それは

きょうだい愛。

ひらがなで書いたのはいくつかのパタンが漢字にあるからね

日本古来の物語というのは

日本書紀のこと

日本書紀の中に出てくるアマテラスとスサノオが

姉弟同士なんだよね

ちなみにアマテラスは転生大臣ってさすがにマイクロソフトも

天照大神を変換できないっていうのは問題だろう

一発までとはいかないが全く変換の候補にならないのは日本にたいする侮辱だ!

なんつって、冗談です。携帯の予測変換でもでてこーへんかったわ

スサノオが悪さをして、見かねてアマテラスが天岩戸に引っこんじゃう

そしたら世の中真っ暗になって禍々しいことが起こってしまう

結局スサノオがごめんなさいと謝ってアマテラスは天岩戸から出てくるんだけれど

なんかちょっとこの辺の話に似てる感じがする

まぁつまりアナ雪みたいな話は

日本人は昔から好きだ

ということだと思います

ただ

ディズニー映画っていうのは僕は好き

子供の頃、多分初めて見た映画がディズニー映画だっと思うんだけれど

まぁその辺の話はまた次回

とは言え

一番興味があるのは

ウォルトディズニーが

フリーメイソンだった!?

ってことです

フリーメイソン話大好きなもんで

はい、今日も張り切っていきましょうか


昨日書こうと思って書けなかった

蒲田の話を書こうと思ったんだけれど

もう時間がないので

映画の話にしようか

お勧め映画

ってたくさんあって

選べないし

まぁ折にふれこれがいい、みたいなのは書いてきたと思うんだけれども

とりあえず

アニメだったら絶対に見てほしい映画は

多分もう何度か書いたと思うんだけれど

時をかける少女

↑これはね、もう傑作中の傑作なので

まだご覧になられてらっしゃらない御仁にとりましては

是非に見て頂きたいと存じます

もうこれは自分があえて勧めるまでもなく

ほんといい映画なので見てください

淀川長治先生の格言

男しか出ていない映画に駄作無し



あとはイケメン若手俳優を組み合わせた映画を好んで見るんだけれど

それ以外で

是非

お勧めしたい

というか

見て面白いと思える

無難な映画を紹介

藤沢周平原作の

必死剣 鳥刺し

です

まぁ藤沢周平原作の映画は

多分全部面白い

隠し剣 鬼の爪も武士の一分もまぁ何もかもいいんだけれど

もしまだ一度もご覧になられてらっしゃらないのであれば

鳥刺しが面白いと思う

日本人的とでも言うのかな

オチが最高

こんなオチは映画を見ていても

多分っていうか自分は思いつかなかったから

だけど

今の日本の漫画にはよく出てくるオチかもしれません

志村けんのギャグにも出てくるかもしれません

ということで

藤沢周平原作

必死剣 鳥刺し

まだご覧になられてらっしゃらない御仁は

是非!

といったところで

今日は終わり

また更新するね

ではではー!





「こういちさん、Lineやってないと話になりませんよ」

そういう時代だそうだ

っていまだにLineが理解できないというか

繋がる友達がいないから

必要性にかられていない

ということなのかなとも思うのだけれども

まぁ頑張ろう

ってとりあえず頑張るという言葉を使ってその場をやり過ごすタイプです

ってことで今日もよろしくお願いします


むすめん。

がもうなんか

ようつべで毎日見ていて

かわいくてかわいくて

すごくいい

ご存知のない御仁は是非ググってみてくださいませ

お前が言うのなら見てみようかと

そういう御仁も中にはいらっしゃるとは存じているわけで

是非に

見てみて

って

むすめん。の存在を知ったのは

実はこのブログをご覧の方のお言葉であったもので

本当に有り難いよな

ありがとうございます

いつか

むすめん。のライブを見に行きたいな

これも一つのこれからの目標にします

気づいた時には

もう今年のツアーチケットはソルドアウトで

あぁ人気あるんだな

ってちょっとがっかりしたりしてね

まぁまぁいつか見ることができるかともくろんでおります

むすめん。のメンバーの中では

もう

気まぐれプリンスが

一番好き

なんかさ

ゆとり世代かさとり世代かわからないけれど

オカマみたいだけれどオカマじゃない

っていうのは

時代が進んでいるのかなとつくづく思うよ

女の子っぽい男の子だから

ホモなりオカマなり、

という時代ではないということだと思うな

だから逆に安易にオカマが

あんたオカマよねっていうのは厳に慎んだ方がいい時代だということだ

色々な生き方がある

ということだと思います


今年来年にかけては

中島みゆきさんのコンサートツアー一会が開催されるそう

今日チケット先行予約抽選の登録をしたのだけれど

当たるかなぁ・・・

当たったら超イケメン君と行きたいな

と突然友情にひびが入るようなことを言いだしてみる

まぁずっと先のことなのでね

当落判明したらまたブログに書くね


・・・

あぁ寝落ちしてしまった

寝落ちして月曜の朝を迎えるという

最悪だ

ってことでここまで序章もなにもないんですが

もったいないのでとりあえずあげておくね

また更新します

ではではー!



昨日親友ちゃんがホタルを見に家まで来てくれた

雨降りの日でも見れる、とネットで調べたのだが

結局見れたのは3,4匹でした・・・

約束の時間雨があがってホッとしていたんだけれど

気温が・・・低かったな

寒かったよ半そででは

それじゃあダメじゃん春風亭昇太って感じで、

むしむしした汗ばむような日の方がホタルって光ってくれるんだってさ

謹んでお詫び申し上げますテヘペロ

正直自分はその後の飲みがメインだったりしてねホジペロ

楽しかったのだが

僕だけ今日休みだったので

早くお帰りになられましたとさ

まだ飲み足りないので

明日飲む約束をしましたがどうなることやら


ルーティーン

を作って

その通りに動くのが

自分は好きみたいで。

これを書くと

最近自分も密かに色々勉強(というなのネットサーフィンなのだが死語)している

いわゆるアスペルガー症候群(今は自閉症スペクトラムの一種)

なのかなって思われてしまうかもしれませんが

自分はたまたま精神科の先生に話して(診断ではない)

「君は違うよ」

って言われたのでまぁそれを信じています

今だと

例えば

土曜日蒲田に飲みに行くときに

まず東口のラーメン屋に寄りその後GANJINその後西口に移動しKabutoで飲み始発で帰る

みたいなね。まだ二回しか実践してないんだけれども

すごく爽快感を感じています、つまりストレス解消になっているということかな

何か自分の想定外のことが起きると

突然のろまなカメに変身してしまうという

まぁでもみんな想定外のことが起きればどうしようか考えるか

俺だけじゃないか

何を書いてるのかよくわかんないんだけれど

明日野毛に飲みに行く予定なのだが

全く予測不能で

自分の感覚で動いてしまおうと思っています

自分のルーティンから離れた時は

適当にやりたいようにすると

得てして良い結果になるのは、これは私の経験則ですので

まぁご参考にしていただければと思います


この前書いた艦これ吹雪のカラオケは

難しいしそれよりも誰も知らない部類の歌ってことに改めて気づかされていて

封印かなと思います

まぁ知ったかぶりで書くけれど

アニソンに関しては

ジョイサウンドよりダムの方がいいのかなって思うな

別にカラオケ好きで詳しいわけではないのだけれどもなんとなくそう思うよ

まぁいいや書くほどのことではないか

すみません


行列に並んで食べ物を食べるっていうのが苦手というか

まぁしたことないな

もちろん好きな人と一緒とかさ、

そういう場合はその時間自体が楽しいわけだから別物で

一人の時に行列に並ぶことはない

昔から例えばお昼の時間なんかは

ちょっと時間をずらして食べるのがクセかな、そうできない時も多々あるんだけれども

この間池袋で

目当てのラーメン屋に歩いている時に

行列ができていて

なんだろうと思って通ったら

ラーメン屋だったんだよね

それで

行列に、店員が注文聞いてるっていう・・・

どんだけうまいラーメンなのか?

とか思っちゃう。

行列に並ぶなら

あらかじめ

予約してレストランなりに入ることを

僕は好んでするけれど

じゃあラーメンを予約して食べるかと言えばそんな話聞いたことないし

そもそもラーメンなんて

行列に並んで食べるものではないんだよ

ってあくまで僕個人の感覚なので悪く思わないでね

さっきのルーティンの話なんだけれど

食べ物屋さんっていうのは

美味しさよりもその店の居心地の方を僕は優先するかな

あぁもちろん美味しいというか自分が好きな味というのが前提ではあるのだけれども

だからそういう自分の好みの店を見つけて

通えることが一番うれしいことで

そういう店を見つけるために

色々な店を探して食べ歩くことが

素敵なことだなって思うよ

今インスタグラムで

どうしても写真のために新しいラーメン屋に行くのに躊躇しちゃって

だから

そのためにわざわざ言い訳を書いてみました

お得意の問わず語りですね

なんかつまらない事書いて時間を無駄にしてしまった

っていつものことか(苦笑)

今日はこの辺で〆ます

また更新するね

ではではー!
























ドラゲナイの歌詞について思うことを書いたんだけれど

あれにはそれほどの意味はなく

僕が一番書きたかったのは

未然形と終止形っていう言葉そのものでした

トラウマじゃないけれど若い頃の反発じゃないけれど

まぁ終止形って言葉はある程度想像できるんだけれど

未然形って一体なんなんだって話で

さも訳知りのように

「だからそれは未然形の問題だろ活用だよ活用!」

とかいう偉そうな塾講師に腹を立て

「未然形って言われてもわかんないよね、先生もよくわかんないんだよてへ」

って言ってくれた講師になついたという・・・

そして後者は超イケメンっていう・・・

結局そこなんですよ

はい、オチも軽やかについたところで始めましょうか


東海テレビの夏の昼ドラ

なぜか夏限定なのは

多分子供の頃から夏休みによく見てたからなのかな?

その名残なのかな?遠い目

あっ、違うわフジテレビじゃなくてTBSつまり裏を見てたんだな

天まで届けとか大好き五つ子とか・・・キッズウォー?

あぁでも時間がずれてるのか?ってどうでもいいやすみません

今年の枠も面白いです

明日もきっと、おいしいご飯 〜銀のスプーン〜

毎日録画して見てます

なんかいいわ、癒されるわ

今赤丸急上昇中注目の若手俳優

高杉真宙君

宇宙の宙と書いてヒロと読んでマヒロ君

壮大ですね素敵です

彼の弟役に

前田 旺志郎君

オウシロウ君

松竹のバーターなんすかね?わかんない

まぁこの二人がかわいすぎて

ドラマの内容以上に楽しいですね

まぁでもドラマの内容もいいと思う

救いのあるドラマ

ってよく僕が勝手にその言葉を使っているのだけれど

今もうなんか救いようのないドラマっていうか

なんかね、まぁ簡単な言葉で書くと

つまらないドラマが多すぎる

現実社会で起きるホンモノの事件も

なんかもう自分の頭では理解不能なことが多いんだよね

だから複雑そうに見えても

割とサクッとさらりと泣けたり、

あぁよかったねって思えるものが僕は見たくて

天皇の料理番もそうなんだけれど

このドラマも一話完結、的な要素があるとあくまで僕は思っていて

そして時間が30分なものだから

すごく短時間に爽快な気分を味わってるのかなって思うよ

腫瘍ができて入院します副作用で髪の毛が抜けてしまった・・・

その先なんか想像すると先が見えてしまってため息つきそうなんだけれど

割と簡単に

無事退院しましたやったね!

っていう展開になるのがいい(この先どうなるのかは知らないが。再発!?)

と書いています

ちなみに舞台の一つが京急蒲田でもう片方が金沢文庫っていう

まぁこういう時は僕自身にとって”奇しくも”って感じに思いますね

(別にどっちもたいして関係ないんだけれども)

まぁ面白いと思うんで是非チェックしてみてくださいませませ


あともう一つ

深夜ドラマの話

面白いドラマが今日までやっていたので紹介

REPLAY & DESTROY

山田孝之君って

僕の中ではかわいいかわいいきれいで美しい

みたいなイメージがね

今でもそれを自分が求めてるのかもな

ちゅらさんの古波蔵恵達君か六番目の小夜子か・・・

このドラマ見て

完全にもうその妄想をすることは止めたあきらめがついた

面白い俳優さんなんだな、面白い役が軽快にできる役者なんですね


セリフが面白くてそのたんびにクスリってできて

まぁそのあとやんわり感動、みたいな感じ?

楽しかったです

二話で

ちょっとゲイネタがあって

まぁ勃起したね

そりゃしょうがない

中村倫也君のわき毛とか惜しげもなく見れたしな

けれど

なんだろう

笑いのネタになるんだよなゲイっていうのは

ノンケはあれを見て笑うんでしょ

トイレで3Pとか

なんでそんなこと経験もしてなくて書けるのか不思議、

つかこうへいもそうなんだけどさ

僕はトイレで3Pはないけどエッチしたことはあるから

まぁありのままの事実に基づいたフィクションって頭でわかるんだけれど

それをどっかで見たのかね

イメージなのかな?

当たらずとも遠からず、みたいな?

いずれにしても

ゲイを取り上げて笑いのネタにされるのは

軽く傷つくか

そうでもないか♪

たまたま発見して見たから

すごくお得なドラマだったと思います


はぁ長かった

今日はこんな感じです

また更新するね

ではではー!












SEKAI NO OWARI



Dragon Night



今日から覚えてカラオケで歌えるようにします

誰も喜ばないし聞いてない宣言


つかこうへいの舞台を2月に見たのは書いたか

いつも心に太陽を

終わりに出演者たちみんなで

SEKAI NO OWARI



Dragon Night

を手話つきで歌っていて(手話の意味は歌詞ではなかったらしいぞ)

あぁ、いい曲だよなぁ

ってその時は誰のなんの曲かわからなかったけれど

反芻したら紅白で聞いた曲と記憶が繋がりあとは

今の時代の専門用語

ググって

調べたわけです

ちょっと前に流行った

ドラゲナイ

のことだな


この曲は

有線なのかな?

蒲田のゲイバーKabutoで

何度か聞いて

そのたびに

「いい曲だよね」

って自分は勝手に反応して

それでも

年も年なのでね、

まぁまぁいい曲でも

歌う、まではね、いかないよなぁとこれは自分の心のつぶやきね

ちなみに

蒲田のゲイバー

GANJINに昨日行って

有線かな?

かかっていた曲は

80年代ソングで

中島みゆきさんの

悪女がかかっていて

心地よかったな

有線って面白いよね(有線かどうかは確認してないんだけれどもそれを前提で)


職場に新しく入った同僚が

僕が全然違うことで有線の話を振ったら

「昔有線家に入れてたんすよ」

って話し始めて

あぁ、そういう世代ね、

やっぱり僕は貴方とは違う世代だよ一回り違うよっていうのも俺の心のつぶやきだ

閑暇休題


この曲はいい曲だ。

っていうかこういう曲が僕が好きな曲ってことか。

それで今歌詞を見たんだけれど

なんかまぁちょっと気になったので

書いてみたい

ってここまでが序章だったのだが

長い

しかし今日は書ききるぞ


人はそれぞれ「正義」があって、

争いあうのは仕方ないのかもしれない

だけど僕の嫌いな「彼」も彼なりの理由があるとおもうんだ

ドラゴンナイト

ドラゴンナイト

ドラゴンナイト

今宵、僕たちは友だちのように歌うだろう


このね

友だちのように歌うだろう

の”だろう

が気になるんだよな

さとり世代かゆとり世代かわからないけれど彼らが好みそうな

なんか

その上の歌詞も

やさしいイメージ。

彼なりの理由があると思うんだ

ってのが

素敵だと思うよ


あぁ

やっぱり

今の時代って

同意というか

共感というか

相手を認める

っていう感覚は

すごく大切っていうか

混沌な感じではあるんだけれど(歌声も)

んでも

なんか

僕はいいなと思った


つまり

白黒つけずに

相手を認めて

そのうえで

じゃあどうしようと

まぁ歌ったり踊ったり嫌いな相手とする

ということなんだけれども。

それなのにそのうえで、

最後の最後の歌詞で

踊るんだ



つまり

未然形と終止形の違いっていうのかな

僕は多分

この

だろう



いい言葉なのかな

って思う

セカオワは

歌の最後の最後で

終止形を使っているのが

素晴らしいというか

若い人たちに

共感できる

歌になってるのかな

って思うな


って

意味わかんね

書いてる自分がわかんないんだから

読んでる人がわかるわけないよな

まぁいいや

ここからね

中島みゆきを

話しにもってこようかとしたんだけど

もう

べろんべろんに酔っぱらってるので

やめた


今日は音楽評論家もどきで書いてみました

今月中に

ドラゲナイ

覚えます

まぁひとりごとのようなものです

また更新するね

ではではー!











安保法制の議論がニュースになっていますね

まぁわからん

なんか感覚的に

辻本清美がなんであんなに国会中継での露出が高いのか

見ていて胸糞悪い

そういうみえみえのセッティングをする民主党ってバカなんだろうな

「ここは辻本先生でいきましょう!」「だよな」的な

(民主党が本当にバカなのかどうかは別として)

とかそんなことしか思えないんだよなぁ

要は与党の行いがいいのか悪いのか判断つかないのに

辻本清美見るだけで

生理的にその逆の現政権の支持をしてしまうという・・・

学者が違憲だと言っても

それ以上に

生理的に受けつけないものってあるんですよ

オカマって感情で動くからさ(俺だけか)

ほんと思考の邪魔だ

まぁひとりごとのようなものです



沖縄の基地問題について一つ

僕なんかは

基地がなくなったら

それで得ていた財政はどうするんだ

お金をもらっているんだから

反対反対ばかりしていないで対案をだせ

的なことを常々思っていたんだけれど

最近

沖縄戦での戦争体験

を媒体は言いたくないから書かないけれど

読んで

考え方が変わった

簡単な言葉で書くと

沖縄っていうのは

戦後も心の戦争が続いている

ということなのかなと思うよ

読んだのは

僕の想像を絶するような

地獄の体験でありました

怒りを通り越すと自分は泣いちゃうんだけれど

泣いたよ


パパママバイバイ

っていう絵本があって。

横浜米軍機墜落事件

のお話なんだけれど

これも怒りを通り越して泣いた

知った当時

もう考えたくなくて

記憶を停止させたのに

沖縄の戦争体験に付随して戦後の沖縄の話を読み

沖縄にも米軍機が墜落したことを知りました

っていうか沖縄で墜落したのは横浜で墜落したよりもはるか昔の話なんだけれども

しかも小学校に・・・

それを読んで

停止した記憶がよみがえったんだ


まぁ色々すっとばして

僕が最大に怒りを覚えたというか

感情的になってしまうことがあって

この二つの事件には共通点があって

パイロットは脱出してる

ってことなんだけれども

これがどうしても自分の感情を逆なでしてしまうんだよな

セウォル号も中国の観光船も船長が生きているんだけれど

日本人って

そういう感覚がありえないのかなと思う

これはもちろん僕の妄想ですし曲解なので

スルーしてください

戦艦大和の最後の艦長の死にざま

を僕の知った知識の中では

それが一番印象に残ってるからなのかなと思うな

つまり

墜落機と沈没船と一緒に死ねばいいのに

ということですね

自分の船を飛行機を放り出して生きる

というのは

日本人っていうのは


自分はものを知らなさすぎる

アホかと思うくらい

知らないことでいっぱいだ

知らないことを知ると

今まで思ってきたことと180度違うことを平気で言う

今年で40の年なんだけれども

不惑なんて嘘だよな


沖縄は基地があることで恩恵を受けているんだから

反対反対ばかりするな

っていうのは絶対に僕はもう言わない

そういうレベルの話じゃない

ということだ

中国がどうのとか韓国がどうのなんて言ってる場合ではなく

アメリカとの関係を

よくよく注視していかなければいけないと思うよ

なぜか

いつの時代も日本人はアメリカにあこがれをもつ感覚があるような気がして

ラーメンバーガー

をあくまで僕はバカじゃないかと思うのに

それを逆輸入してもてはやすなんて

本気でゲスの極みだと思う


まぁまぁ

諸説あるとは思いますが

誰も何も言わないでね

って誰も見てないね

これは消すかなぁ・・・




















最近蒲田によく行ってるんですよ

蒲田行進曲

って

つかこうへいの戯曲のタイトルなんだよ

なんか

この作品は

ゲイってオチはないんだけれども

(熱海殺人事件がゲイネタオチ、ロマンスといつか心に太陽を、はそもそもがゲイの話)

つかこうへいは

ゲイじゃないにしても

絶対チンコしゃぶったことはあると思う

またはしゃぶられたか・・・

ともかく

男性に対する愛情、というものを

絶対に感じていなければ

こんなに一連の話を書くわけがない

それこそ矛盾してるし。

「演劇の世界は複雑で・・・」

ってそんなこと俺は知らないし

つかこうへいが男のことを好きであった時があったことは

何も悪いことじゃないしタブーでもないし

周りが隠す必要なんてないと思うよ

って隠してないよって言われるんだろうけれども。

閑暇休題

んでもなんかね、

先輩後輩、とか

年長者が年下に目をかける、的な

要は

ホモ的な要素があるのかなぁ

とか僕は思ったりするんだけれどね

平田満は風間杜夫を

きっと松坂慶子よりも好きだったんだと思う

風間杜夫と言ったら

モルダーの声で

当時エンドロールに「?」

と書いてあってきっとその頃ツイッターがあったら瞬間でばれちゃうんだろうけれど

モルダーの声は誰?

って意外と話題になったりしたよな

閑暇休題

それは曲解であると

むしろ僕自身がそう信じたいです

まぁひとりごとのようなものです


蒲田行進曲と言えば

有名なメロディがありますよね

京浜東北線蒲田駅のメロディ

大洋ホエールズ加藤博一の応援歌。

その歌詞の一つに

キネマの天地

というのがあるのだけれども

まぁ簡単に書けば

松竹蒲田撮影所が蒲田にはあったんです

きっとにぎやかだったんだろうな

今蒲田撮影所跡が何になっているかというと

大田区民ホールです

東口だなKabutoは西口

あそこに蒲田撮影所ってあったんだってさ



ゲイバー

GANJIN

への道のりが

いつも酔っぱらってていまいちまだ確信が持てないでいるのだけれど

この前の土曜日に

美味しいラーメン屋で食ってその後GANJINに行こうと思ってふと

「ここはどこ?」

状態になったんだけれども

すぐに大田区民ホールが目に入って

とりあえずあっちに行けばつくかなぁ?

とか思って歩いたら

着いた

西口はまだまだよくわからないんだけれど

東口の方が

大田区民ホールを基準にして頭で整理(または本能で整理)できるから

わかりやすいのかもしれない


土曜日にGANJINに行ったよ

楽しかった

誕生日のかわいい男の子がいて

「こういう時は、ねぇこういちさん?」

って雄輝に言われて

ワインをごちそうしたよ

カップルで来て楽しい時間をGANJINで過ごすという・・・

GANJINチョイスっていうのも面白いよね

僕は(ここは正直な話)

ワインが一本2000円って知っていたから

出した

いいよね

2000円で

かっこいい自分になれるなんて

そんなお得ちゃんな気分になれる

そのことこそが有り難いよ

まぁこの先ワインが一本いくらになるかわからないし

ともかくその日はそうだったということだ

誕生日にその子が飲みに来ている状況に遭遇する確率はとても低く

そのかわいい子の彼氏が

もっとかわいい子で

「ちゃんとお礼をしなよ」

と言ったか言わないか知らないけれど

きちんとお礼を言ってくれて

初めて会ったのにそういう感覚の出来事ができるということは

とても僕にとってありがたいことだと思うよ

まぁまぁ

次につながるような楽しい時間を過ごしましたよ

その後には

自分が一番行きたかった店

Kabutoへ

東口から西口へ向かった

そしたら

親友ちゃんから

「Kabutoで飲んでるの?」

とツイッターのダイレクトメールが入っているのを見て

慌てて

電話。

ここからは俺のやりたいことをそのまま親友ちゃんに伝える。

「いや、まだKabutoには行ってないから」

「とりあえずKabutoの前で待ってて」

多分自分は

自分の本当にしたい行動やら予定は

親友ちゃんにしか話していない

彼は

面倒くせぇなお前、こういちお前のことだよ

と心では思っていたとしても

僕には

「わかったよ待ってる」

って言ってくれる

だから

俺も

自分がしたいこと、つまり打算を

彼にだけは

全て包み隠さず言うことができるんだろうな

まぁいいや

とにもかくにも

無事

Kabutoに親友ちゃんと着いて

その後は・・・

楽しかったなぁ

何よりも52年生まれつまり俺の弟と同じ年の超イケメン店子と話せて

それがとても楽しかった

彼はやっぱりかっこよかったよ

僕は彼より年上なのだから

かわいい、という表現になってしまうのだけれど

それ以上に

とても素敵な店子だ。ということだ

あんな子が相手してくれて飲む酒は

ほんと”楽しい”の一言で解決してしまうものだ


あの日に

一番後悔というか

こういう展開になればなぁ

って思ったことは

あの日

GANJINで誕生日を祝ったのと同時に

蒲田最高のゲイバー

Kabuto

でも

実は

バースデーパーティーが

行われていたことだった

その時はそうとは知らなかったんだけれども

類は友を呼ぶのか

みんながみんな若くてきれいでイケメンのグループだったな



















最近はまってることが一つ

アニソンだな

まぁアニソンの元来のイメージだと

オタクとかアキバ系?

それ本来のことをあまりよく知りもせずに

固定観念で

そういうイメージを持ってしまったりしていたのだが

ゲイって聞くと

ノンケが抱くイメージが

的を外してることが得てして多いことと同じことなのかなと

それこそ偏見なのかなと

少し反省しております

アニソンに対しての見方をひとつ変えてみると

若い男の子が夢中になっているアニメの歌

と、まぁこういうふうに言いかえてみれば

別にオタクだろうがアキバ系だろうが

若い男の子と接点を持てる

↑いや絶対そんな確率はないのだが

それでも

自称引き出しの多さを売りにする勘違いおっさんとしては

一つ引き出しが増えたって別段どうってことはないと

超ポジティブに考えればだ

少したしなんでもいいんじゃないのかなと

理屈っぽくいつものように偉そうに書いてはみたのだが

単純に書くと

アニソンって結構いい曲が多いんだよ

ということを最近知ったというか感じた

ということを書きたかった

アニソンいいよ

創聖のアクエリオン

残酷な天使のテーゼ

とりあえず遅ればせながら二曲覚えました

中島みゆき歌うよりよっぽどウケがいいっていう・・・

まぁまぁ

アニソンって膨大です

だから相当取捨選択するべきっていうか

結局たくさんの曲から自分の好みの曲を探し出す

という作業を

ようつべで酔っぱらいながらする

これがまぁ楽しいというかライフワークになりつつある

んで最近いいなぁって感じて覚えようと思った曲が

艦これ



吹雪

っていう曲です

まぁこういうのが自分の好きな音楽っていうことだと思うんだけれども

それにしても

艦これって一体なんなんだと

逆引きになっちゃうんだけれど

ウィキから画像やら映像をちょい探してみたんだけれど

・・・

艦隊これくしょん

元々はゲームのようです

これが強烈な内容で

萌え擬人化の中の兵器の擬人化っていう・・・

はるか昔日本の軍艦のゲームがあって

結構自分なんかは夢中になっていたことがあったから

そこそこ造詣があるのだけれど

その軍艦とロリをミキサーにかけて

こんなんでましたけど

って感じで

考えた人はすごい人なんだろうな

ってちょっと感心してますが

まぁアニメの小っちゃい女の子がわらわらと出てくるものには

まぁゲイなのでゲイだから?

全くと言っていいほど興味がないです

これの男の子版が出ればちょっと面白いかな

とか考えるくらいです

ってほんとはこの話は

今日のブログの序章にしようと思ってたんだけれど

時間がきてしまいました

もう寝なくちゃいけないのでね

今日はここで〆ます













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。